読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事用のめもとか。

メディア等気になることを適当に。

なんかヘンな夢を見た

よくわからんけどねとわく文化を考えましょう交流しましょう的なイベントに出てるんですが、その中で自分は今の「リアル」とかついった文化を、「書き換え不能ないわゆるいま―ここを、編集&操作可能なほにゃららにしよーとする」もんだと考えていて、どうしてこうなった!?と問うなら生の一回性に耐えることがあまりにも重いからだという身も蓋もなく立証もめんどくさいオチしかないんで、もうちょっとまともな問いの角度はないかといろんな人に聞いて回ってるのですが…
※起きてすぐ、なにを「なう」するかっつー選択=編集はもちろんあるけれど、「リアル」は使ってるシステムによっては書き換えできるかもしらんけど、ついったは無理やん(システムとして削除はできるけど、RTされてたらどうしようもない。あとユーストも無理だし)と盛大に突っ込みいれましたが。ブログとかSNSだと、いま―ここ加工しやすいですがね(例:婚活殺人疑惑の被疑者)。でもまあなにをポストするか選んで自他に呈示するっていうのはやっぱり生の編集ではあるか。
※関係ないけど西村京太郎先生がついった使ったアリバイトリックとかそのうちやらんかしら。でも警察の捜査だと携帯GPS履歴とか、書き込みしたときどこの基地局経由したとかみれちゃったりするとトリックもくそもないにゃ…そのへんどうなってるんだろう
そのイベントがなんかヘンで、みんな場所&時間をザッピングしながら参加してるというか、自分がさて帰るかと知人設定らしい人に挨拶してると、今から(自分の時間軸ではとっくに済んでいる)オープニング見に別の人が来たりする。時間軸がぐちゃぐちゃなんだけど、「一緒に参加している」共同性的なものはちゃんと発生している感じ。
なにがなにやらよくわかりませんが、なんか面白かったのでめもめも。