読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事用のめもとか。

メディア等気になることを適当に。

KASO空間マルチ「エクシングワールド」ようやく家宅捜索

社会 - 毎日jp(毎日新聞)

マルチ商法:「仮想空間」ビズインターナショナル社を捜索

 インターネット上の仮想空間をめぐるマルチ商法(連鎖販売取引)で、虚偽の説明をして会員を募った疑いがあるとして、埼玉県警は27日、IT会社「ビズインターナショナル」(さいたま市大宮区)と、関係先として仮想空間のシステム開発を持ち掛けたとされる「フレパー・ネットワークス」(東京都港区)など16カ所を特定商取引法違反(不実告知)容疑で家宅捜索した。会員勧誘の実態や、約2万8000人から集めたとされる約100億円の流れを解明する。

 捜査関係者や会員によると、ビズ社らは07年6月〜09年11月、ネット上の仮想空間「エクシングワールド」に都市を構築し、会員は「アバター」と呼ばれる分身となってネット上の土地の売買などができるとのふれこみで募集。説明会では「一般公開前に先住民(会員)になれば、土地取引や広告収入で必ずもうかる」などとうそを言って勧誘し、販促キットと呼ばれるDVDや架空の土地を購入させたという。

 計画では「エクシングワールド」は東京の渋谷区、品川区、大阪市など全国の主要都市の街並みをパソコンの画面上に三次元映像で再現。アバターが所有地やビルを売却したり、広告収入で通貨を増やせば、実際の「円」に換金できると宣伝していた。ところが、09年10月に公開された仮想空間は未完成で、東京・銀座や大阪・ミナミなどごく一部の都市のオープンにとどまった。さらに宣伝文句だった「ネット上の土地取引」の機能もなく、会員はアバターで限られた地域を歩くだけだった。

ちゃんとフレパーも捜査対象になったということでよかったよかった。
ごく一部の都市っつーか、新宿東口だと三越の先に行けない驚きの狭さだったような記憶もございますが、にんとも。
UOとか「プロジェクト・エントロピア」とかSecond Lifeとか、土地取引&現実通貨を絡めてほにゃほにゃやってる(UOの場合は開発はまったく想定してなかったと思うので「なっちゃった」ですが)先行事例はあり、07年前半ならまだ電通SLバブルという流れもあったとはいえ、こんなのに100億流れたとか本当に人生不可解でございます。

=おまけ=
CEATEC JAPAN 2009でのフレパーブースのレポ&お友達のくらげたんがフレパーがリリースしたPHANTOMにスネークした時のレポ
CEATECのフレパー・ネットワークスのブースが凄かった件 - 仕事用のめもとか。

=さらにおまけ=
報道ステーションを流し聴きしてたら、「身体が悪くておでかけできないけど、これなら好きな野球を見に東京ドームに行ったりできるかと思ったのに;;」と語る被害者の方の紹介のあとに、古館が「仮想空間にコミュニティはありえない(キリッ」的なことを言ってたですが……それ全然ちゃうし!!!
ちなみに『セカンドライフ 仮想コミュニティがビジネスを創りかえる』では、アメリカの重度身体障害者の方がボランティアの助けを借りてSLにログイン☆ 「家族でも施設の人でもない人達」とまったりコミュニケーションとってる事例なんかが紹介されとるですだ。

セカンドライフ 仮想コミュニティがビジネスを創りかえる

セカンドライフ 仮想コミュニティがビジネスを創りかえる

=2010/6/7追記=
被害の状況とか経緯とか詳細でていたのでめも。
Expired

「現実の社会以上に美しく、負け組でも十分楽しい世界」
これが、勧誘時の殺し文句だった。

ラグナロク・オンラインの自虐広告(参照:ネトゲー『ラグナロクオンライン』の広告が酷すぎる - ガジェット通信)並みにアレですが、これで日本円がっつりむしってたとか… 個別フレパーがクソというより、勝ち組負け組価値観内面化しまくって身動き取れなくなることも稀にありそな日本社会そのものがクソなのかもしれませぬ。どうしてこうなった!