読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事用のめもとか。

メディア等気になることを適当に。

岸田袈裟さん逝去(2010/3/2)

30年以上ケニアで活動されていた栄養学専門家の岸田袈裟さんが66歳で亡くなられたと周回遅れで知りました。ご冥福をお祈りします。

故郷の遠野地方のかまどをベースに、現地の材料でお手軽にかまどを作る方法を指導して、口コミで10万世帯に普及させた方なのですが、これってどういうことになったかというと、
・熱効率向上で薪消費が従来の1/4に
 →薪拾いで消耗してた時間を使って副収入を得られるように
 →資源も節約できるので、当然環境保護にも◎
・煮沸した安全な水の調達が圧倒的にラクに
 →飲み水経由の感染症が減って乳幼児死亡率も低下。

JICA専門家でもあったのですが、ほとんど個人ベースで動いて、これだけ多くの人の命を救い、生活を改善し、ついでに環境保護にも寄与した方って、世界的に見てもそうそういらっしゃらないんではないかと思いますです。


あまりに凄い人すぎてようまとめきらんので、詳しい紹介とかは以下。
第14回(2007年度) : 読売国際協力賞 : 調査研究本部 : 読売新聞
ƒVƒƒ[ƒ~ƒ“‚̃GƒRƒCƒ“ƒ^[ƒrƒ [F‘æ33‰ñ@ŠÝ“c@ŒU¾i‚«‚µ‚¾‚¯‚³j‚³‚ñ
インタビューの方に、「ドイツやイギリスもかまど普及に取り組んだけどダメだった」という話が出てるんですが、岸田さんはどうして成功されたのか、そこんところを詳しく知りたい...
ページが見つかりませんでした | ニュースサイト
岸田さんが副理事長をされていたNPO少年ケニヤの友」公式サイト。

ケニアに愛をこめて―日本人(キシダ)ママ大奮戦 (国際協力選書)

ケニアに愛をこめて―日本人(キシダ)ママ大奮戦 (国際協力選書)