読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事用のめもとか。

メディア等気になることを適当に。

『シン・ゴジラ』を見る前におさらいしたかった曲3本

映画

なる早でと思いつつ、結局週末越してしまいましたがとにもかくにも。

たまたま前日に、『パシフィック・リム』ケーブルテレビでやってたんでつい自宅で見てしまい、やべえ、テレビで見るパシリムに、映画館で見る『シン・ゴジラ』が作りこみで負けたらどうしようと思ってたけど、全然だいじょうぶでした!

 

 

公開前に、予告から『シン・ゴジラ』ではゴジラをどうやって倒すつもりやねんとめちゃめちゃ気になってたけれど、当たらずといえど遠からずな方向でちょっとドヤ顔したい所存です。

ドヤ顔できるほど当たってはないけどな!でも考え方は合ってた的なところでここは一つ…

『シン・ゴジラ』でゴジラはどうやって倒されるのか - 仕事用のめもとか。

 

 

超映画批評(映画の好みが合ってるので個人的に信頼してる)で90点出してるのだけ見て、なるべくネタバレに触れるのを回避していったのですが、こ、これはアレ?とびっくりした曲を。
1曲目、エヴァンゲリオンヤシマ作戦曲というか、「DECISIVE BATTLE」。

www.youtube.com

 

で、「ヤシマ作戦」での使徒の描写。

www.youtube.com

そんで、「ゴジラ」(1954)ほかの伊福部曲。
録音がもわもわした曲が出てきたら、それが伊福部曲です。
モノラル録音されてるオリジナル使ってるので、もわもわしてると思うのだけれど、再録音しても良かったんじゃないかという気もしないでもない。

私はファーストが一番好きなんで(というか人類のお友達系ゴジラは見る気がしなくてほとんど見てない)、私得ではあるけれど。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

全体の印象としては、

  • 会議シーンやら、作戦成功した時の地味すぎる反応やら、とても「日本的にリアル」な作り。我々には非常によくわかるけれど、その分、グローバル市場どうすんだよという気もしないでもない。海外配給やらないはずはないけど、海外の人わかるんかしらコレと不安…
  • ↑の超映画批評のコメントに「いずれにせよ、これだけの映画が空席だらけというのは絶対にあってはならない。」とあるけど、ほんまそう思う。これだけやって興行ダメだったら日本映画マジで死ぬしかない。
    つうて、私が見たのは立川シネマシティの極音上映でしたが、月曜午後というのにほぼ満席だったし、週末は興行収入初登場1位はさすがに取れてたんで、前田さんがいらした映画館がたまたまアレだったのかもしれないけれど。

 

 

ちょこちょこちょこちょこ思うところはあるものの、それは別途ということで、とりあえず、各界の批評を読み漁り、『ゴジラ』(1954)とエヴァのTVシリーズの市街地戦闘回を適宜つまみ食いでおさらいしてもう一回行きたい所存です。