読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事用のめもとか。

メディア等気になることを適当に。

山田風太郎『戦中派不戦日記』抜粋(昭和20年3月10日 ※東京大空襲の翌朝)

新装版 戦中派不戦日記 (講談社文庫)

新装版 戦中派不戦日記 (講談社文庫)

(午前中、大学の試験を受け、午後に友人松葉と消息不明の友人たちの家を訪ねて本郷へ徒歩で行く、被災地の様子や被災者たちの言動が活写される)
 
焦げた手ぬぐいを頬かむりした中年の女が二人、ぼんやりと路傍に腰を下ろしていた、風が吹いて、しょんぼりした二人に、白い砂塵を吐きかけた。そのとき、女の一人がふと蒼空を仰いで
「ねえ……また、きっといいこともあるよ。……」
と、呟いたのが聞えた。
自分の心をその一瞬、電流のようなものが流れ過ぎた。
数十年の生活を一夜に失った女ではあるまいか。子供でさえ炎に落として来た女ではあるまいか。あの地獄のような阿鼻叫喚を十二時間前に聞いた女ではあるまいか。
それでも彼女は生きている。また、きっといいことがあると、もう信じようとしている。人間は生きてゆく。命の絶えるまで、望みの灯を見つめている。……この細ぼそとした女の声は、人間なるものの「人間の讃歌」であった。
 
(講談社文庫版p.89)