読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事用のめもとか。

メディア等気になることを適当に。

震度5強東京襲来&マイクロブログの威力

※とりあえず都民の一人として記録をば。
※12日朝時点の報道では宮城県・岩手県を中心におそらく3桁に達する方が亡くなっているようです…ご冥福をお祈りするとともに、孤立して救出待ちの方、避難されてる方、救援されている方超ガンバレ!

発生当時

会社にいました。
ゆれ始めてしばらく、「揺れてる?」「大きいねー」とあうあうしていたんですが、「音」として聞いたわけじゃないんですがなんというか「ゴゴゴ感」としか言いようがないものを感じて、誰かが「これ外出た方がよくね?」ということになって、一挙に外へ。
ほんとは地震だからって外に出ると、ガラスとか降ってきてかえって危ないらしいんですが、やっぱ大地震というと崩壊>押しつぶされ&閉じ込めが一番怖い。
うちの会社は古い雑居ビルで、築年数古いとはいえ昔は印刷事業やってたとかで柱はムダにぶっといんですが、恐怖心に勝てませんでした。
階段で降りたんですが、揺れが強くてすっころびそうでした。
外に出た時点で宮城へんが震源らしいというニュースが入ってました(たぶん誰かがネットみた)。
震度5強ということでしたが、震度5と比べると怖さが桁違いでびっくりしました。
 
ほんで余震も結構きつくて、もう一度外へ出たりも。電話は当たり前のように不通。
とはいえ、近所のコンビニが何事もなく営業してて軽くびびりました。
離れてる東京でこれだけの強さだったら、東北どうなってるんだ…と不安でしたが、この時点ではTVチラ見、ネットチラ見で見た報道では、都内の火災(お台場の建築中のビルなど)、千葉の火災などが中心で、どうなってるのかわかりませんでした。
マイクロブログのwassr見ても、帰宅できなくなった人らとか、会社が大変な被害を受けた方からエラいことになっとる様子がポストされていました。
 
社内の被害は固定してなかったエレクター棚が動いて、しまってた資料が色々吹き飛んだくらい…で済んだんですが、こりゃ仕事にならんからきりのええところでとっとと切り上げて帰れという話が社長から出て、近場の人は適宜撤収、電車全部止まってたので、歩いて帰れない人は社内に泊まるという感じになりました。
16時くらいかな?に明治通りを見たらものすごい人が歩いててびっくり。
総務の人が近くのコンビニで大量に水&パンを買ってきてくれて、食べ食べ。でもこれは社内で備蓄用食糧を用意しとくべきところですね…

徒歩帰宅

と言っても月曜〆の作業が色々山積みだったので、きりのいいところ…とか言ってると19時越えたりして、陽は落ちてたんですが電気は問題なかったのでぽくぽく徒歩帰宅する方向に。都内でも、停電になった地域は信号も止まって大変だったようですが。
電車は止まったまま、駅は封鎖されているそうでしたが、都バスと都電荒川線は動いてました。
 
それにしてもヘンな雰囲気で、歩道にぎっしりなくらい人が歩いてるというのがそもそも非日常なのですが、コンビニはとにかく、飲食店とかもみんな普通に営業してる…
明治通り沿いに池袋まで出るのがラクなんですが、あまりに人が多い(信号待ち前後で「渋滞」ぽくなってた)&みなさん粛々ハイペースでしんどいのでわき道へ。わき道もそれなりに人通りがあって、さびしい感じではなかったです。
新目白通りへんで東側に折れて、面影橋のへんから北上していくと、鬼子母神商店街に入り、よくわかんないけどずっと計画中の道路をさらに北上して東池袋に出ました。
ダウンコート着ていたんですが、フードが軽くてかぶっていられず、頭や手先がさすがに冷えて、帽子と手袋はロッカーに置いといた方が良かったな…と大後悔。

サンシャイン60

このへんでそろそろトイレ行きたくなったし、でサンシャイン60へ。
途中、24時間営業の西友の前を通りがかったら、営業休止しててようやく大地震来たんだという実感が。
ここに公衆電話が3ブースあって、少し並んで実家に電話しました。
サンシャイン60はお店は閉まってる時間だったのですが、通路に空調&明かりが入ってたことから、帰宅途中の人が通路のあちこちに座って休憩してる感じに。
携帯充電機の前は結構並んでました。
館内アナウンスで警備の方が「ここは安全なんで、落ち着いて行動してくだしあ」的なことをおっしゃってたような気がするけどうろおぼえ。

帰宅

さらにぽくぽく歩いて自宅近くへ。さすがにご飯作る気がしないので、近所の中華屋がやってたのでご飯を。
近場の人というより徒歩帰宅中の方なのか、一人客が三々五々とばらばらに座って、地震特番やってるテレビをじっと見上げる妙な雰囲気に。直撃受けたときの営業
ちなみに中華屋、店は開けてたけど客が来るとはあんまり思ってなかったらしく、厨房がカオスなことになってました。
家に着いたら、棚の上においてた軽いものはさすがに吹っ飛んでいたものの、スチール本棚3本はほぼ不動、食器も大丈夫でした。
本棚の上はツレが鉄道模型入れた段ボールを天井までぎっしり積み上げてたんで、それが良かったのかもしれません。
余震は続いていましたが、体感でせいぜい2とか1程度に。
深夜、地下鉄が復旧して、ツレが帰ってきました。ヤツは発生時に最新型の制震構造(地震波を感知して揺れを計算して打ち消せるように振り子動かすやつ)のビルの低層階で打ち合わせしていて、そのままそのビルにいたそうです。
そういう環境だと、最初の震度5強の地震は「船がゆったり揺れてる」くらいの揺れ、その後の震度3級以下の余震は「ほぼ感じなかった」と…
効くのね制震構造!
ちなみにヤツの会社は10階建て耐震構造の10階で、キャビネットがわやになる、プリンタ吹っ飛んでぶっこわれる等、ケガをされた方はいらっしゃらなかったけれど大変だった模様です。耐震は家具の固定ちゃんとやんなきゃダメね…
 

マイクロブログの威力

今回の地震、twitterが情報交換で威力を発揮していたようです。
地震の情報・アドバイスの拡散まとめ - Togetter
自分はwassr民なので、wassrでギャースカしてたのですが、一人で不安なときとかほんとにあってよかった…
でもwassrで日ごろ絡ませていただいている人で岩手・宮城住みの方のポストはなく、心配です。単純にネットどころじゃないんだろうとは思いますが。

それにしても今後

今回、私の場合の影響は
・電車止まる
・電話使えない
くらいだったわけですが、たとえば東京全域で電気&ネット止まる級、もっと大変なことになる級の被害ということもありえるわけで、もっとリアルに震災への備えを考えないといけないとほんとに痛感しました。
うちは会社まで普通に歩ける距離なのである意味安心してたのですが、それ相応の装備が自宅にも会社にも必要な気持ち。
そのあたりどうすればいいのか、今後色々まとめ情報が出てくると思いますので適宜チェックしていきたいと思います。