読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事用のめもとか。

メディア等気になることを適当に。

いまさらですが「大怪獣ガメラ」を初めて見た。

大怪獣ガメラ [DVD]

大怪獣ガメラ [DVD]

大怪獣ガメラ - Wikipedia
結論から言うと、すんごい面白かったです。腹筋崩壊映画的な方向で…
「ちょw色がついてない!!」
「キャストに船越英二の名前があって、青柳カメラマンが異常に船越に似てたんでコレが船越パパかと思ってたら、船越英二(当時42歳)は日高教授役だった!!(大混乱)」
「京子さんがカットによってはちょっと松雪っぽい。ていうか松雪が古典美人顔なのか」
北極海にアトランティスあったんか!」 ※念のためウィキペディアでみたところ、地中海大西洋南極インド説はあるけど、北極説はない模様。
「戦闘機のコックピット描写が…」
「ちょおおおおおお!原爆積んだ戦闘機でアメリカの領空侵犯キメるとかなにするつもりやったん!?」
「NYのテレビ放送のスタジオセットが色々面白い」
「60米(コメ)ってなんだ…あ、メートルね、メートル」
「節子、これ亀の甲羅ちゃう…」
「国際線の飛行機の中でがんがんタバコ吸ってる…(号泣)」 ※ニコチン中毒なもんで、全面禁煙になってから海外行ってないのデス…
「【急募】そもそも亀が二足歩行している理由」
「つうか北海道に核打ち込むん!? マジで!?」
ガメラ来襲確認から数時間で米軍に核ミサイル発射の段取り済んでるって…核密約の存在が当時の日本社会で常識だったとしか思えない」
「クソガキがうざすぎる件について。助けに来てくれたおじさんが最悪死んでたかもしれんやろ! ゆとりなんてレベルじゃねえ!」
「最初は外人キャストは英語で話してたのに、いつのまにかうさんくさい日本語しゃべってる」
「ところでなして動物学者が軍事作戦の指揮を執り続けているんだろとか」
「へ?(ぱちくり)」
「うああああああああああああああああああああああああああ!!!!なんじゃこりゃあああああ!!!」
「おいィ? これがオチ!?これでオチ!?」
みたいな怒涛の作品でした。
ところで某国の領空侵犯&核兵器大爆発☆はどう収拾つけたんだロ…第三次世界大戦普通に始まりそうですが。

なんでしょ、ゴジラはやっぱ正座してみないといけないような雰囲気あるじゃないですか。伊福部が神すぎるとか色々文化史的に価値がのっちゃってるとかありますけど。
ガメラは…こっちはうん、アルバトロスと直接血がつながってる感が。
もちろん「出来が悪い」わけじゃないです。ミニチュアとか合成が基本なんですが、白黒だと特撮の粗が目立ちにくいこともあるし、アルバトロスへんののっぺりCGよりなんぼかいいし。炎、迫力ありますしね。
新潟でガメラを目撃したじーちゃんとか枝エピソードまで手を抜いてないです。21世紀映画に慣れると話がもっさりに感じられちゃう部分かもですが、私は嫌いじゃない。
特撮映画としてみても、スケールのずれとか気になるところなかったですし(技術しらんですが、そろえるのって結構大変なんだと思う。そろってないこと多すぎだよ…)。
ガキがいくらなんでもうざすぎるんで、あれさえなければ・・・感はありますが、子供向け映画枠だったようなので仕方ない。
しばらくギャオでやってるぽいんで、GWのお暇なときにでも…